- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 20日目

今日もサクサクとチャプターを1つクリア。
プレイ時間はもう56時間です・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 19日目

いきなり難易度が上がったように感じます・・・。
結構サクサク進んでいたのに久しぶりにレベル上げで足止めです。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 18日目

今日はボスもいなかったのですぐ終わりました。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 17日目

今日もチャプターを一つクリア。
前半の苦戦とは逆にサクサク進んでます。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 16日目

もう42時間もやってます。
このゲームを始めてから一日のゲーム時間が随分長くなりました。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 15日目

今日は本編が短く、サブミッションが長かったです。
そろそろ闘技場で強化したいところ。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 14日目

チャプタークリア。
随分前に時間をかけてレベル上げしたのが効いてます。
しかし、そろそろ不安になってきました。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 13日目

今日もチャプターとミッションをクリア。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 12日目

今日はチャプターをクリア。
ミッションも終わらせ、順調です。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 11日目

今日は闘技場のみで話は全く進みませんでした。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 10日目

今日は順調に進み、チャプターも一つクリア。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 9日目

今日はミッションと闘技場だけで終わってしまいました。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 8日目

ミッションでつまづいてしまい、足止め。
戦闘も相変わらず厳しい状態です。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 7日目

今日もコツコツ。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 6日目

今日はチャプターを1つクリア。
戦闘には慣れてきたと思いますが、気を抜くとすぐやられます。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 5日目

今日はサブミッションだけで終わってしまいました。
やっぱり戦闘難しいです・・・。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 4日目

1日にチャプターを一つクリアするのがやっとというペース。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 3日目

やっと戦闘に慣れてきたかなぁという感じ。
とは言ってもあっさりやられてしまうことが多々・・・。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 2日目

今日は初めてのボス戦でした。
無茶苦茶強く何度もトライしてやっと撃破。
地形と敵のパターンをしっかり掴んで有利な状況に持っていかないと勝てませんね。
本当難しい・・・。

続きを読む

- END OF ETERNITY エンド オブ エタニティ - 1日目

面白いというのをネットで見て気になっていたソフト。
なにか刺激になるようなゲームが欲しいと思って行ったゲーム屋で衝動買い。
随分遅れての購入ですが、思い切って新品で買いました。



続きを読む

- ポケモンレンジャー バトナージ - レビュー




●ストーリー

ポケモンレンジャーとなり、ポケモンと心を通わせ、様々なミッションを解決するというストーリー。


●システム等

タッチペンでポケモンをグルグル囲い、囲うことで心を通わせるメーターが上昇。
全て溜まるとキャプチャ、捕まえることができるというもの。

捕まえたポケモンは仲間になり、それぞれの特殊技で障害物の排除等々に役立ちます。
しかし、一度特殊技を使うと逃がすことになるのでポケモンを扱うというよりは道具を拾って使うという感じ。
後半になるとこれが作業的になり、面倒極まりないです・・・。
いつまで経ってもグルグルと囲んで探している特殊能力を持つポケモンを捕まえないといけません。

捕まえたポケモンは囲う場面でも特殊能力を借りることができ、バトルを有利に進めることができます。
しかし、それほど効果があるとは思えず、何も使わずにクリアすることが出来る為、パッとしません。

他、WiFiで特殊ミッションがダウンロードできます。
4月現在ではマナフィの卵、はどうだんを覚えたリオルを入手することが可能。
期間限定とのことなので、早めにダウンロードする必要があります。


●感想

子供向けなので難易度は低いです。
タッチペンでグルグルというのは最初は面白かったですが、やはり飽きます。
ゲーム自体で楽しめる要素というのが少ないというのが正直なところ。
ダイヤモンド、パールとの連動に興味がなければ買うのは損だと思います。

タッチパネルに傷がつくので保護フィルムは必要です。


●評価

10点満点中 4点

- ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人 - レビュー




●ストーリー

説明しにくいですが・・・。
天使である主人公が女神の果実を実らせるために行っていたことの裏にある真実に迫っていく話。


●システム等

レベルを上げて装備を整えることでキャラクターを強化して進む部分は変わらず。
敵との遭遇はエンカウントではなく敵シンボルに触れると戦闘というシステムになりました。
戦う前に敵がわかる点はメタル系を狙う際や、敵が落とすアイテムを狙っているときに非常に便利なのでこれは良い変更だと思います。
仲間はドラクエ3と同じように自分で好きなキャラクターを作り、3人まで連れていけるというものになりました。
顔や髪の色などを自分でカスタマイズしてキャラクターを作ります。

職業があり、レベルアップで得られるスキルポイントを振ることで技を覚えたり、能力アップをすることができます。
この能力アップはHP+10、身の守り+10といったように、一度習得すれば職業を変更しても効果が消えないというもの。
これが装備品よりもはるかに効果があるように感じられました。
特に魔法使いなどの打たれ弱い職業はその職業でレベルを上げるより、他の職業の能力アップを優先させた方がはるかに効率が良いです。

ストーリーは基本的に一本道で、サンディというキャラクターが指示してくれるため迷うことはありません。
そのため、町での情報収集という部分が随分減ったように思います。
このサンディというキャラクターがガングロという風貌、ギャル口調から随分嫌われているようですが、それほど気になりませんでした。
確かに不愉快にさせる要素だとは思うのですが、これはこれ、最後には結構良い人と思えてきたので・・・。
今回、クエストという依頼を受けて条件をクリアし、報酬を得るというものがあります。
これが上級職の条件になっていたりとなかなか重要な要素。
クリア後も続き、ネットからダウンロードで追加もされ、今作のメイン要素の1つです。

1日ごとに商品が入れ替わるネットショップのようなものがあり、貴重なアイテムなどが購入できます。
今作、お金が貯まりにくく、金欠状態が続くと思うのでなかなか手が周らないかもしれませんが、チェックはした方が良いかと。

操作等。
画面の二分割は最初は戸惑いました。
戦闘後の経験値とゴールドの表示が上下バラバラ、これは表示時間の短縮なのかと思いますが、それなら戦闘のテンポを良くして欲しかったなぁと。
戦闘では味方キャラが動き、敵に走って行って攻撃するなど結構テンポが悪いです。
このあたり、演出オフの機能、旧作設定などをつけるなりして欲しかったです。


●感想

ストーリークリアまでのイベントが少なく、話が短いかなぁというくらいで後は慣れれば楽しめました。
クエストの繰り返しのようなものかと思って買ったので、ストーリーがちゃんとあってよかったです。
サンディは上にも書いた通りあまり気になりませんでし。
ドラクエはこういうものだ、というイメージを持っている人は楽しめないかもしれませね。

ドラクエシリーズだけで比べるなら下の方かなと思いますが、随分楽しみました。
これまでに無いドラクエ、と言うんでしょうか、良いゲームだと思います。

通信や錬金、クエストといったやり込み要素の追加は新鮮ですし、ここが楽しめるなら相当良いソフトになると思います。
しかし、配信限定アイテムなどの存在は運が関係するため貰えない場合があるのが残念です。
戦歴などで図鑑的なものもあるのでそういう部分が空白になってしまうとやる気が起こらない自分としてはそこが不満な点です。


●評価

10点満点中 6点

- ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち - レビュー




●ストーリー

復活する魔界の王とそれと同時に現われる勇者を巡って仲間が集まっていくというもの。


●システム等

全5章に分かれており、4章までは仲間になるキャラクターのそれぞれの物語で、5章でみんなが合流します。

レベルを上げて装備を整えることでキャラクターを強化して進むというもの。
今作は職業はないですが、キャラクターごとに能力が違うのでパーティーの組み方も色々考えられて面白いです。

他、小さなメダルや、モンスター図鑑、移民の町といったおまけ要素もあります。
移民の町はすれ違い通信を利用し、他のプレイヤーから住人が移住してきたりして町が発展するというもの。
すれ違い通信をせずともシナリオ進行に影響を受けるものの最大まで発展するようです。

DSでの操作、表示変更点。
ニ画面になったことで戦闘画面は大幅変更。
上画面にHP等数値が表示され、下画面でコマンド選択。
タッチペンは全く使いません。


●感想

PSに移植されたのを買ったのが初プレイでした。
DSということでどうなるか不安でしたが、グラフィックは本当に綺麗で見やすかったです。
操作もしやすく、よく出来たソフトです。
これなら順次シリーズが移植されても買って楽しめそうです。

出ているものに関しては移植する必要は・・・とも思いますが。


●評価

10点満点中 5点

- ファイナルファンタジーⅢ - レビュー




●ストーリー

クリスタルの力を借り、光の戦士として闇と戦う話。


●システム等

操作はタッチペン対応、通常のボタン操作もできます。

成長システムは2とは違い、レベル制に戻りました。
そのため、強いボスが出てきてもレベルを上げることでほぼ解決できるので難易度はそう高くは感じませんでした。
ジョブシステムも復活し、今回はいつでもジョブチェンジが可能。
各ジョブはそれぞれ個性的で特殊能力があります。

他、WiFiを使ったおまけ要素があるそうです。
隠しジョブや装備等も通信で入手できるとか。
自分はたまねぎ剣士を話しでしか聞いたことしかなかったので、楽しみにしていたので多少がっかりしました。


●感想

FFシリーズ3作目。
ファミコンからDSになり、グラフィック等は全く別物くらいになっているのではないでしょうか。
自分はファミコン版をやったことがないので比べることはできませんが、クオリティは文句なしでした。
ムービーも随所に入るというわけではなくOPのみでよかったです。

グラフィックは3D、3頭身くらいのでキャラクターでイベント等もそのまま行われます。
2Dのドットでは自分で場面を想像する楽しみがあり、そこが良いところでしたが3Dで中途半端に動いてしまうのがどうも性に合いませんでした。
イベントシーンは前作のドット絵の方が個人的には好きです。

WiFiを使ったおまけ要素について。
子供時代はゲームの話しで友達と盛り上がるというように、ゲームソフトが一種のコミュニケーションツールになってました。
なので、通信等を利用した楽しみ要素を完全に否定はできません。
やはりゲームは子供のものだと思いますし、そういった楽しみができないのであれば望まず我慢するのが大人の楽しみ方ってことですかね。
とは言ってもそのゲームのメインの楽しみの部分、ポケモンの隠しモンスターもそうなのですが、そういう部分はソフトのみで100%楽しめるようにしてもらいたいものです。


●評価

10点満点中 5点

- BRAVE FENCER 武蔵伝 - レビュー




●ストーリー

世界を救うため伝説の英雄として召喚された武蔵が姫を救うため冒険する話。


●システム等

わりと単純な3Dアクションゲーム。
時間の概念があり、朝から時間が流れ、曜日まであります。
曜日によって店が休みといったこともあるため、気を配る必要があります

レイガンド、雷光丸という武器を使い分けることで強攻撃、弱攻撃と使い分けることが可能。
ザコ敵を雷光丸の特殊な攻撃で倒すことにより、様々な特殊能力を使えるようになるゲットインというシステムがあります。
ゲットインした能力を使って進む場所があったりと、上手く使いこなすことが重要になります。

成長はレベル制ですが、上がるのは力、防御、雷光丸、レイガンドのみ。
力は敵を倒すことで経験値を得、防御は歩くことで、雷光丸、レイガンドは武器を使うことで経験値が得られます。

HPは特殊で、ある特定条件下で各所に出てくる謎の生物を捕まえることで落とすチョウジュベリーを入手しないと増えません。

ビンチョパワーというHPとは別のエネルギーがあり、これが少なくなるとゲットイン技が使えなくなります。
最高値は各所に隠されたお城からさらわれた人を助けることで上がるため、出来るだけ人助けをすることを心がけるべきです。
助けた人からは剣で使える技を教えてもらったり、アイテムを作ってもらったりとお得なこともあります。


●感想

小学生のときに友達の家でやらせてもらってハマってしまったお気に入りの一本。
確か発売当初はスクウェアが結構力を入れてシリーズ化するという話しがあったような・・・。

ステージ数は少なく、村を拠点に動くだけなのでそれほど広い世界には感じません。
操作はやや難解、カメラが動かせず最初の頃は距離感がつかめずに苦戦すると思います。
他に目立った要素というものも無く、ごくごく普通のアクションかなぁと。
操作に慣れればあとはサクサク進むと思います、ボスもパターンが決まっているので読めれば簡単に勝てます。

クリア後はセーブすることが出来、ロードするとクリア時のパラメータで村から続けられます。
やり込み要素としては、村のおもちゃ屋で売ってるフィギュア集めでしょうか。
買って城の自室で遊ぶことができます、結構高いのでお金貯め必須かと。
フィギュアを全て集めてクリアするとエンディグが少し変わる?そうです。


●評価

10点満点中 7点

- サモンナイト3 - レビュー




●ストーリー

家庭教師である元軍人の主人公がひょんなことから謎の島に流され、事件に巻き込まれる話。


●システム等

仲間達と会話するアドベンチャーパート→イベント→戦闘という流れはシリーズ同様。
召喚は今作でもあまり仕えない印象・・・。
自分の好みでパラメータを上げられるというのが問題かと思います。
攻撃だけを上げ続ければ通常攻撃のみで敵が倒せてしまうわけです。
召喚しか効かない敵ユニットなどが出てくればもっと召喚にも目を向けられたかと。

レベルアップも同様、クリア時に経験値を各キャラに割り振ってレベルを上げるというもの。
育てるユニットは少数にしぼるのが良いと思います。
ポイントも集中させるのが良いかと。

今作では召喚ユニットの成長がアイテムを使ってレベルを上げるというものになり、育成が楽に。
ただ呼び出す召喚師のレベルを超えることはできないため、あまり上げすぎても意味はありません。
しかし、レベルを上げるためのアイテムは結構手に入るので、使うキャラクターのレベルを上げた分だけ強くなるのも同然。
相当な戦力となるため、今回のプレイでは2人を重点的に上げるだけで済みました。


●感想

前作と同じくらいのボリュームだと思います、難易度は下がったんじゃないかなと。
ストーリーは相変わらずクサイ展開があったりと、少しこそばい感じです。
1、2をやっていて楽しめたのならばこれも楽しめると思います。
しっかり方向性がまとまってきているなという印象。

最後の最後、まさか告白されるとは驚きました・・・。
毎度のことながらキャラクターの絵が好きな方は楽しめるんじゃないでしょうか。


●評価

10点満点中 5点

- サモンナイト2 - レビュー




●ストーリー

見習い召喚師の主人公が旅をする中で大きな事件に巻き込まれていく話。


●システム等

仲間達と会話するアドベンチャーパート→イベント→戦闘という流れは前作と同様。
召喚は前作よりも使えるようにはなっていますが、やはり地味という印象。
どうしても召喚を使わなくてはいけない場面、有利になる場面というものがなかったです。

レベルアップのしかたも前作同様、クリア時に経験値を各キャラに割り振ってレベルを上げるというものです。
前作では1人に集中させていれば楽にクリアが可能でしたが、今作では多少辛くになりました。
上げられるポイントが減り、レベルアップでの能力上昇がそれほど急ではなくなったためです。

敵も数が多く、召喚での攻撃が強力なので1人では辛い。
と言っても出撃できるメンバーを全て育てて戦わせるのもフリーバトルを何度もしないといけないので面倒です。
4~5人に絞って強化するのが丁度良いと思います。


●感想

前作よりもボリューム、難易度共に上がりってなかなかやりごたえのある一本です。
とは言っても戦闘で戦略的なことは必要ありませんし、レベルを上げてしまえばごり押しで進めます。

ストーリーは低年齢向けだと思うので、それほど難しいことはないのでとっつきやすいです。
キャラクターの絵が好きな方は楽しめるんじゃないでしょうか。
ストーリー、世界観にも合ってると思います。


●評価

10点満点中 5点

- サモンナイト - レビュー




●ストーリー

異世界に飛ばされた主人公が冒険をするという話し。


●システム等

オーソドックスなシミュレーションRPGです。
主人公4人から選択、その後の選択によってパートナーも変化するため何度も遊ぶことができます。

仲間達と会話するアドベンチャーパート→イベント→戦闘という流れ。
独自のシステムとして召喚がありますが、イマイチ地味という印象。

召喚はサモナイト石という5つの属性の石があり、その石とアクセサリの組み合わせによって召喚魔法が使えるようになるというもの。
戦闘中にアクセサリと組み合わせ作成、戦闘後にサモナイト石が召喚魔法に変化したものを入手することが可能。
召喚魔法となったサモナイト石を装備して初めて召喚魔法が使用可能になります。
組み合わせによってはアイテムになったり、失敗してダメージを受けたりすることも。
結構面白いシステムなのに、どうしても召喚を使わなくてはいけない場面、有利になる場面というものがないためイマイチ楽しめませんでした。

レベルアップのしかたも独特で、クリア時に経験値を各キャラに割り振ってレベルを上げるというもの。
さらに、レベルが上がったあともパラーメータにポイントを割り振ってある程度好みのキャラに成長させることが可能です。
ですが、ほぼ終盤まで1人に集中してレベルを上げるだけでなんとか勝ててしまう点はマイナス。
戦略的なことを考えずともクリアできる点は苦手な人にとっては有難いことかもしれませんが、ある程度の歯ごたえは欲しかったです。


●感想

可も無く不可もなく・・・というんでしょうか。
独特なシステムがあるものの、そこにあまり魅力を感じないという点が残念でした。
召喚は面白いと思うので、もっと使えるようにして欲しかったです。

レベルの上げ方に関しては、使いたいキャラクターを無理に使わずにレベルを上げていけるのは良いですね。
防御の低いキャラクターを無理矢理戦わせてレベルを上げる必要がない点は素直に嬉しかったです。
それが温いといえそうなのですが、ゲームの雰囲気もあって良い加減であると思います。

絵が好きで、簡単なSRPGがやりたい人にはお勧め。


●評価

10点満点中 4点

- クロノ・トリガー - レビュー




●ストーリー

ラヴォスという強大な存在に対抗するため、時代を超えて仲間を集め、冒険する話。


●システム等

戦闘はシンボルエンカウント。
ATBバーでのオーソドックスなシステムです。
アイテムや技の選択の際も時間が流れるかどうかを選べるようになっているので苦手な方も大丈夫だと思います。

レベルやアイテムを引き継いでの周回プレイが可能で、その際はいつでもラスボスに挑戦することが出来ます。
そのタイミングによってエンディングが変わるようになっており、中にはおふざけのようなエンディングもあり楽しめます。

移植に関して。
DSということでタッチパネルでの操作もできますが、やりにくいので結局は使わないかと。
上画面がメイン、下画面はメニューとなっています。
また、メイン画面にメニューが表示されるクラシックスタイルにも変更可能。
他に目立った変更点は無く、ロード時間も含めてPS版よりも遊びやすくなっています。

追加ダンジョン、追加装備とおまけ要素の多い移植となりました。


●感想

移植ということで、本編については違和感無く楽しめました。
本編ストーリーについてはそのままで、追加ダンジョンとは切り離されています。

追加ダンジョンでのストーリーはクロノ・クロスへの繋がりを無理矢理つくったという印象でした。
追加装備についてはあってもいいなと思う反面、やや残念という気持ちが・・・。
当時小学生だったこともありますが、虹や月光の鎧を入手したときの感動があるため複雑です。
追加のボスについてもクリア後ならばそう苦労なく倒せると思うので、もう少し強くてもよかったかなと思います。

複数あるエンディングを見ることや、アイテムやモンスターなどの図鑑を埋めるやり込み要素もあるため長く遊べます。
追加のモンスター育成はやっていませんが、対戦ができるとのことなのでこちらも楽しめそうです。


●評価

10点満点中 8点

- ARC THE LAD Ⅲ アークザラッドⅢ - レビュー




●ストーリー

アークとククルの命と引き換えに封印された暗黒の支配者、その戦いの災害により世界は崩壊。
今作ではその大災害を乗り越え、復興に力を注ぐ世界での話し。


●システム等

大まかなシステムはほとんど同じ。

新しく追加されたシステムとして、アイテムを合成できるようになりました。
他、スロットなどで遊べるカジノがあったりと、寄り道も充実しています。

モンスターカードというものがあり、モンスターをカード化することが出来ます。
カード化したカードは戦闘で攻撃として使うことが可能で、街でトレード可能。

画面も見やすくなり、全体的に随分洗練されているという印象です。


●感想

シリーズをやり終えた後の充実感というか達成感からか、前作と全然作の評価も上がるほど今作は良いと感じました。
1、2で世界観創りは出来ているし、物語の流れもあるため抵抗無く入りこめます。
グラフィックやシステムの向上で快適に遊べ、言うことなし。

前作で薄いと感じたストーリーも3作目ともなると過去の分も含まれているのでここも問題ないかと。
ただこれだけ単品で遊ぶのはオススメできません、やはり1~3と連続でやってこそ面白さがわかるはずです。

マイナス点と言えるかどうかは人によると思いますが、ストーリーを進めるのに必ずギルドへ行く必要がある点がどうも面倒に感じました。
ギルド→仕事請負→仕事完了→ギルド→ストーリー進展、という流れが最後まで続きます。

2で完結しててもいい話に無理やり続編を作った感は多少ありますが、全体的に見て旧作の貯金を無駄なく使った良ゲーと言えると思います。
やり込み要素もありますし、自分はこのゲームは面白かったと言えます。
余談ですが、ルッツとシェリルは最後まで好きになれなかったです・・・。


●評価

10点満点中 6点

FC2カウンター
プロフィール

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ