- 戦場のヴァルキュリア - 2日目

戦闘には慣れてきたものの、まだ効率が悪いです。
特に戦車をどうやって使えばいいやら・・・。
敵への対応がいつも同じでゴリ押しなので駄目ですね。


続きを読む

スポンサーサイト

- 戦場のヴァルキュリア - 1日目

面白いという評判を見て気になってました。
ソフマップのポイントが溜まっていたので千円くらいで購入。
楽しみです。




続きを読む

- エウレカセブン NEW VISION - レビュー




●ストーリー

前作のエンディングからの続き。
ルリを追う主人公サムナが軍の一部で行われている計画を阻止することに・・・という話。


●システム等

基本的に前作同様。
操作は左スティックで移動、ボタンで格闘、射撃で敵を倒します。
LFOは地上戦のみ変形が可能ですが、使うメリットが見えません。
敵もごり押しで倒せますし、操作の上手さなどはほとんど意味がないかと。

ストーリーモードでは主人公の能力が上がる成長システムがあります。
レベルが上がることで装備できるアイテムのレベルも上がります。

他にもミッションモード、ドリームマッチなどやりこみも充実。
ドリームマッチではアニメ本編に出てくるキャラクターやLFOが操作可能です。
しかし、ストーリークリアやミッションクリアなので条件を満たして機体などを解禁というものが多く、すぐには楽しめません。

前作のデータをコンバートすることでドリームマッチでニルヴァーシュが使用可能になります。


●感想

前作とは変わり、LFOでの戦闘がメインで、空中戦のオンパレード。
それにしては動きがぎこちなく、シューティングのような爽快感などはありません。

リフを使ったレースや、LFOでのライドはシビア。
画面が見にくく、障害物に当たっているのかもわからない状態で操作することになります。
このレベルのゲームでこのやっつけレースゲームのようなものは駄目だろうと思ってしまいました・・・。

ストーリーも痛々しいキャラクター達が出てくるため、面白いとはいえません。
ゲーム内容は前作よりも良くなっているとは思うものの、キャラクターゲームというレベルです。
アニメ本編のファンが楽しめる部分はドリームマッチのみだと思うので、そこに魅力を感じない場合はやめた方が良いかと。


●評価

10点満点中 4点


- エウレカセブン NEW VISION - 3日目 クリア!

ストーリークリア!
他のモードはスルーで・・・。

続きを読む

- エウレカセブン NEW VISION - 2日目

やっと戦闘にも慣れてきました。
しかしゴリ押しです・・・。

続きを読む

- エウレカセブン NEW VISION - 1日目



前作から随分間が空いてしまいました。
こんな廉価版が発売されているなんて・・・。
やる機会がいつまで経ってもこないと思ったので気合を入れて崩すことに。

続きを読む

- エウレカセブン TR1:NEW WAVE - レビュー




●ストーリー

アニメ、交響詩篇エウレカセブンの外伝的な内容。
ストーリーはオリジナルキャラメインのため、アニメ本編キャラとの絡みもありますがほとんど出てきません。
その辺りを期待している方は買わないほうがいいでしょう、なによりバンダイのキャラゲーという時点で・・・。


●システム等

操作は左スティックで移動、ボタンで格闘、射撃で敵を倒します。
操作制はなかなか良く、こういったキャラクターゲームでは珍しくそこそこの出来だと思います。
ただ、アニメのような爽快感は残念ながら得られません。

問題点は攻撃が当たった後の硬直が長く、ヒット&アウェイという戦法はまずできないところでしょうか。
この硬直は敵にタコ殴りにされると抜け出せ無かったりとなんとも理不尽なことになる場合もあり、非情にやっかいでした。
流れるような動きで敵を翻弄して戦うようなイメージを持っていたのもあって操作性は悪くないものの満足度は低いです。

ミッションをこなすことで主人公の能力が上がる成長システムがあります。

LFOの武器をカスタマイズしたり、アイテムで強化可能。
特に射撃系の武器は重要で、敵に合わせて変更して戦うことで戦略性も多少上がります。
生身のキャラの装備等も変更できますが、こちらはそれほどストーリーでは重要なところはあまり見られませんでした。

全体的に見て一番の問題はLFOとリフボードを使った戦闘がストーリーモードだけでは2度しかなく、慣れないまま終わってしまうことでしょうか。
アニメではLFOにはリフが標準装備で軽快な戦闘が見所だったのに、今作のほとんどは地上での地味な戦闘です。
また、リフ操作できるようになってからは軽快なリフ操作は難しいのはもちろんですが、動きも固く、ブーストもすぐ切れて相手に近づくのは困難。


●感想

ストーリーはイマイチ、なんともサッパリな内容に見えてしまいまいした。
キャラクターにもそれほど魅力もなく、なんともパッとしません。
しかし、アニメの話しを追体験する内容にしなかったところはよかったと思います。
キャラクターへの先入観がない分、新鮮な気分でプレイすることができました。
ストーリーのボリュームは少ないですが、まぁこの内容なら丁度いいくらいかと、長いとウンザリしそうです。

生身のリフレースもあり、エウレカファンにはなかなか良い仕上がりになっているとは思います。
1000円くらいなら買ってもいいんじゃないでしょうか・・・。
続編があるのでそちらに期待。


●評価

10点満点中 4点


- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - レビュー




●ストーリー

レムナントという未知の物体から恩恵を受けて人々が暮らす世界。
妹を誘拐された主人公ラッシュは妹を捜す過程でレムナントを巡る戦いに巻き込まれて行く・・・という話。

ストーリーは結構薄い、淡々としています。
無駄なイベントが一切なく、ただ目的を追って進むだけという点がとても良かったです。


●システム等

成長はレベル制ではなく、戦闘後にHPやらが勝手に上がっていくという感じ。
これに関しては詳しいことはさっぱりわかりませんが、とにかく戦っていれば成長します。
戦闘後に表示されるバトルランクというものが強さの目安となるそうです。
技や呪文も使えば使うほど強化されるようになっています。

戦闘はキャラクター単位ではなく、ユニオンという小隊を編成して行います。
ユニットにはリーダーユニットという固有キャラと、無料で借りられる兵士がいます。
リーダーユニットはギルドで雇用するなどして雇うのですが、ユニオンに編成できる人数が極めて少ないです。
基本的にユニオンには一人のリーダーユニット、他は無料兵士、ということになります。
無料兵士には様々な種類があり、習得している技も細かく違い、選別して借りることが重要です。
特に回復、復活系の技を持っている人は優先して雇うべきかと。
ユニオンはHP、技を発動するためのAPを共有しており、0になると全滅となります。
APは毎ターン回復するため、基本的に尽きることはありません。
ユニオンには陣形があり、様々な効果を得ることができ編成は色々考えなくてはいけません。

装備は店売り、ダンジョンで拾うもの、敵が落とすといった入手方法。
モンスターを倒したときや、発掘によって入手できる素材を使ってつくる方法。
既存の武器を素材を使って作り変える方法、この3種類が入手方法となります。
おそらく既存の武器を作り変えるカスタマイズが主流になるかと思いますが、素材がなかなか集まりません。
これは攻略情報を読みながらでないと全然作れないと思います、私は全く作れませんでした。
仲間については気を配る必要はありません。
戦闘後、勝手にアイテムを取っていって勝手に強化してくれます。
たまに欲しい素材のリクエストをするので、それをどうにかしてやるくらいです。
敵はシンボルエンカウントなので、ある程度狙って戦えるので素材集めはやとうと思えば苦労はしないかと。


●感想

全く期待していなかっただけに、ハマれて大満足でした。
特にユニオンを使った戦闘システムが面白かったです。
上手く言えないのですが、戦闘が重いというかなんというか、独特な緊張感がありそこが良かったです。

気になったところは・・・。

戦闘、地味にボコボコ戦うところが見れるのが楽しかったのですが、スキップ機能があってもよかったんじゃないかと・・・。
ボスでは30分以上戦い続けることになりますし、ザコでもまとめて戦うと10分以上戦い続けなくてはいけなくなることもありました。

リーダーユニットを入れられる数が6人までというのが残念でした。
ユニオンは最大で5小隊、リーダーユニット6人までしか入れられません。
主人公ラッシュ以外に5人選ぶことになりますが、クエストで知り合った人など色々入れたいと思っても無理です。
例えば、アスラム四将軍でユニオン組んで戦わせることはできても残ったリーダーはラッシュと2人しかいないわけです。
折角色々とイベントをこなして雇えるようになっても実戦で使えないとなるとどうにもなりません。

あとはロードと処理落ちが頻発するところでしょうか、酷かったです。
イベントシーンは処理が追いつかずにボケた画面になりましたし、戦闘では技発動までが長かったりで散々でした。
慣れてからはこういうもんだと思って進めてましたが・・・。

クエストや武器のカスタマイズなどの要素もあり、長く遊べる一本。
人を選ぶゲームだと思いますが、おすすめです。


●評価

10点満点中 8点


- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 13日目 クリア!

クリア!
全く期待してなかったのですが、凄く面白かったです。

続きを読む

- もっと あそ棒。 PlayStation Move 体験ディスク -




購入しました。
ムーブ対応のゲームには興味ありませんが、バイオ5は持っていなかったのでこれにしました。
話の種にはなるだろうということで。
バイオ5をやるなら別売りのナビゲーションコントローラーもあった方がいいそうなのでこちらも購入。

付属のディスクでセットアップの動画を見てセットアップ。
カメラを置くところが無い・・・。
テレビの下はWiiのセンサーが置かれているのとカメラのケーブルが真後ろから出ていてしかも太くて置けず。
上に置くしかありませんが、設置面積が狭すぎて不安定です。
掃除中にはたきが当たったら落ちてしまうので遊び終わったら片付けないとだめですね・・・。
パソコンでよくあるような挟むタイプのパーツとか出ないですかね。

ついてきた体験版で遊んでみることに。
いちいちインストールしないと駄目なんですね・・・。

・BIG 3 GUN SHOOTING

これも欲しかったのですが、一人でやっても楽しくないと思ってやめておきました。
わかってましたが手がだるい・・・。
しかしまぁ、照準などに問題は無くなかなか楽しめました。
このタイトルはあまり面白いとは思えませんでしたが・・・。


・無限回廊 光と影の箱

これは面白い!
もっとやりたいと思える内容でした。
調べてみるとPS3ではダウンロード販売のみで、パッケージはPSPなんですね。
同じ内容というわけではないそうなので、財布に余裕が出れば買おうかと思います。
これはいい収穫でした。
ただ、地べたに座ってプレイはしんどいので椅子に腰掛けた方が良さそうです。


他はちょっとやる気がしないのでスルーで・・・。
バイオ5もあまり気が進まないのですぐにはやりそうにないです。


というわけで、ムーブを使って遊んだという気持ちにはあまりなっていませんが感想など。

テレビとの距離が1メートルちょっとの狭い部屋でプレイ、しっかり遊べました。
モーションコントローラーをテレビ中央に合わせろとか色々と注文があり、膝立ちで設定したりと仕方のないことですが不自由な点はありました。
ゲームによってはもっとこちらのポジションへの指示があるものも出てくるのではないかと思いますし、直感的に遊ぶにしてはどうにも辛い。
CMの通り、どんだけ拾いリビングだよ・・・というような環境に一番合っているのかもしれません。
Wiiもそうですが、大画面テレビで十分な距離を取ってソファに座ってゲーム、なんてことが出来る家ではないのそんな遊び方はできません。
せめて一人掛けのソファでもあれば良さそうですが・・・。

コントローラーはどちらも軽く、Wiiリモコンに比べて持ちやすいと思います。

困ったのは充電です。
コントローラーと同じでUSBで接続して充電ですが、ナビゲーションコントローラーもあるので大変です。
一応ケーブルを購入したのでコントローラーと同じでパソコンで充電することになりそうです。
遊ぶ頻度が高くなれば充電スタンドの購入しようかと。

あとは収納場所です。
Wiiのリモコンも結構邪魔なのでどうしたものか・・・。
カメラは片付けた方が良さそうなのですが、面倒です。

Wiiにしてもリモコン操作で遊ぶソフトに魅力を感じないのでよっぽどのことが無い限りもう使わないんじゃないでしょうか・・・。
ナビゲーションコントローラーにRボタンがあって普通のゲームもこれで操作できれば随分便利なのですが、それは無理みたいですし・・・。

というわけで、詳しい操作感などの感想はバイオ5をやったときにでも。


- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 12日目

今日は戦闘が長引き、全然進めませんでした。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 11日目

今日もコツコツ。
覇王の正体がわかり、話も盛り上がってきました。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 10日目

今日は連続戦闘で疲れました。
負けそうにはならないので楽なのですが、長くて長くて眠くなります・・・。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 9日目

あまり進めませんでしたが、随分長い時間やってました。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 8日目

今日もコツコツ。
戦闘に参加できるメンバーが増えてきて随分楽になりました。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 7日目

ディスク1終了。
最後はボス戦の連続で疲れました。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 6日目

今日もコツコツ。
まだディスク1終わりません・・・。


続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 5日目

クエストに時間がかかり、あまり進めず。
キャラクター強化にはなっていると思うので無駄ではないはずです。
戦闘にも慣れてきたので大群に教われない限り負けることはなさそうです。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 4日目

今日もコツコツ。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 3日目

今日はあまり進まず。
戦闘が楽しいのでつい戦い続けてしまいます。

続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 2日目

戦闘に慣れてきたのか苦戦しなくなりました。
ユニオン内で攻撃と回復をどうすれば同時にできるのかがまだわかりません。
たまになっているように見えるのは、ゲストユニオンがしてくれてるんでしょうか・・・。
面倒だと思っていましたが面白くなってきたので先が楽しみです。

続きを読む

- 毛糸のカービィ - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

バラバラになった毛糸の国を救うため、カービィと毛糸の国の王子フラッフが冒険する話。


●システム等

カービィのアクションはこれまでと随分変わりました。
吸い込みの変わりに毛糸で敵を攻撃。
ボタン押しっぱなしで敵を丸めて持つことができます。
これを投げることで攻撃することになります。
また、ジャンプ中に下を押すことで重りになって下敷きにする攻撃が可能。

吸い込みがないため、コピー能力、ホバリングもありません。
コピー能力とはいかないまでも、敵を丸めて作った玉には敵によってある程度の違いがあります。
ホバリングの代わりにジャンプ中にジャンプボタンを押し続けることでパラシュートで下降することが出来ます。

コピー能力の変わりにメタモル能力というものがあります。
これはメタモルリングというアイテムを取ることでカービィの形が様々なものに変わるというもの。
戦車だったりイルカだったといったステージを進む上で欠かせないものに変身します。
ヨッシーアイランドでヨッシーが変身するのとまんま同じです。

他、攻撃の毛糸アクションでステージにある仕掛けを作動させることができます。
掴まったり、ファスナーを開けたり、糸を引っ張って地形を変えたりといったようなことが可能。

今作にはダメージがありません。
敵を倒すと入手することが出来るビーズというものが減るだけ。
穴に落ちても少し前からやり直すことが出来ます。
ボスでもそれは変わらず、やられることはないので粘り強くやっていれば必ずクリアできます。

ビーズは集めることでインテリアなどを購入することが可能。
集めたインテリアはカービィの部屋に飾ることができます。
ビーズ数によって新しいステージが出たりもするようなので重要ですが、ゲームの本筋には全く関係ないようです。


●感想

序盤は戸惑い、期待外れだと思いましたが最後はなかなか楽しめました。
毛糸を使った世界観、雰囲気はいいです。

マイナス面はというと、どうしても多くなってしまいますが・・・。

コピー能力がないのがどうも物足りなかったです。
メタモル能力は楽しいことは楽しいのですが、強制されるためどうにも遊びの幅が無いように思います。
コピー能力だと自分の好みの能力で進めて楽しむことが出来るのに、なんでなくしたのかと思ってしまいます。
毛糸の仕掛けだけではコピー能力の持つ楽しさには追いついていないように感じました。
毛糸のアクションは想像よりも楽しめず。
ファスナーを開けたり、糸を引っ張って地形を変えたりといった仕掛けがプロモ映像では凄く楽しそうに見えたのですが、やってみるとなんてことはなかったです。
毛糸以外のシューティングや無重力の仕掛けなどは凄く楽しかったので良かったのですが・・・。
あと、敵が毛糸で出来ていて、やられるとバラバラになるというのは爽快でした。

一番大きいのは難易度でしょうか。
敵に当たったり穴に落ちたりしても死なないのは良いとは思いますが、ボスとかある決まった攻撃を受けるとやられてしまうとか、それくらいはあっても良かったんじゃないかと思います。
プレイに緊張感が出ませんし、ぶつかりながらやられながらでもゴールを目指すだけというのは面白味が無さ過ぎます。
もちろんプレイヤーがノーミスプレイや、ステージの高得点クリアを目指せば難易度は高くなりますが、自分はそこまでモチベーションが上がりませんでした。

ゲームの方向性はヨッシーアイランドに似てるなと思いました。
システムもやや似てると思いますし。

雰囲気ゲーが好きな方にはお薦め。


●評価

10点満点中 6点


- 毛糸のカービィ - 1日目 その3 クリア!

後半ステージが面白くなってきましたが。
あっという間のクリアとなりました。

まだまだ遊べる要素はありますが、ここまでです。


続きを読む

- 毛糸のカービィ - 1日目 その2

ステージが短く、サクサク進みます。

続きを読む

- 毛糸のカービィ - 1日目 その1

衝動買いです。
一気にクリアました。
まだまだ遊べるところは残ってますが、いつも通り一区切りです。



続きを読む

- ラスト レムナント THE LAST REMNANT - 1日目

随分前にアマゾンで叩き売られていたのを購入。
Xbox本体についていたアーケードディスク?もケースが割れてたのですが、これもケースが割れてました。
Xboxのケースって割れやすいんじゃないですかね、半透明って脆そうです。
ケースが閉まらないのでだらしなく開いてます・・・。
気分はマイナスからのスタート。



続きを読む

- parasite EVE Ⅱ パラサイト・イヴ 2 - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

アクションゲーム。
ミトコンドリアが引き起こす事件を解決する話し。


●システム等

前作と違い、ほぼアクションです。
レベルは無くなり、経験値はパラサイトエナジーというスキルを成長させることだけに使います。
パラサイトエナジーを成長させることでMPも増加。
HPはアイテムの使用と防具でのみ上がります。

戦闘はエンカウントバトルでは無く敵に見つかれば戦闘開始となります。
ATBバーもなくなり、全てリアルタイム。
攻撃、回避も好き出来ます。

敵を倒せばBPが手に入り、買い物が出来ます。
防具、武器、回復系のアイテムなどが買えるため重要です。
弾薬は基本的なハンドガンの弾は弾薬ポイントが設けられており、そこで唯で補充できます。
しかし、後半になるとハンドガンでは敵に対抗できません。
強い武器の弾薬は敵が落とすこともありますが、買う必要が出てきます。
そのときに必要最低限の敵だけを倒して進んでいたり、敵を避けていたりするとポイントが足らずさらに困るといった状況になりかねません。

装備は武器と防具があり、カスタマイズは出来なくなりました。

戦闘中のアイテム使用も防具についているポケットに予め入れておいたものだけ使えるというシステムに変更。
入れ忘れていたりすると大変なことになるため注意が必要です。
相変わらずアイテムを大量に持つことは出来ないため、上手くやりくりする必要があります。


●感想

完全にスクウェアのバイオハザード。
カメラワーク、演出、そっくりです。
ただ違うのはスキルが使えることくらい・・・。

感想はあまり面白く無かった、です。
楽しめなかったと言った方が正しいですが。
リアルタイムでやっていれば周回プレイ、引継ぎでかなりはまれたと思うのですが、そうでないと辛い内容。
やはりバイオハザードが浮かんでしまうのと、前作のシステムが自分好みだったというのが大きかったです。
バイオハザードと同じ感覚で敵をスルーしたりして進むと痛い目を見るので方向性としては別ゲームではあるのですが・・・。
上にも書いた通り、BPの重要性などを理解しないまま進めていると大変だと思います。
途中まで別に敵なんて無視で・・・なんて進んでいたので後半ほとんど弾薬だけでBPが無くなってしまって大変でした。

謎解きの難易度もなかなか高い方だと思います。
バイオハザード系のアクションが好きな方は楽しめるかもしれません。


●評価

10点満点中 5点


- parasite EVE Ⅱ パラサイト・イヴ 2 - 4日目 クリア!

後半は攻略サイトさん頼りでクリア。
辛かった・・・。
武器が買えるため、それ前提のバランスになっていんですかね。
稼いでこなかったせいで装備をろくに買いそろえられず大変でした。
いやー・・・クリア出来てよかったです。


続きを読む

- parasite EVE Ⅱ パラサイト・イヴ 2 - 3日目

詰まりながらもコツコツと・・・。

続きを読む

- parasite EVE Ⅱ パラサイト・イヴ 2 - 2日目

止めるタイミングがなくてズルズルと長時間プレイしてしまいました。
操作には慣れたものの、もう完全にバイオでやってて辛いです・・・。

続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ