- ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ - 5日目

今日はゲームオーバーになってしまいました・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

- ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ - 4日目

急にスピードアップ、もう2年目が終わりました。

続きを読む

- ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ - 3日目

1年目が終わり、2年目突入。

続きを読む

- ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ - 2日目

サクサク進みます。
やっぱり面白いですねアトリエシリーズ。

続きを読む

- ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ - 1日目

というわけで、ロロナ。
メルルが出るのでサクッとクリアしたいです。
気温も上がり、PS3はそろそろやるのが辛いのもありますしね。



続きを読む

購入記録その28 トトリのアトリエを買った。

110527.jpg

トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~

を購入。

ロロナに続き、ベストで購入。
メルルまでにはプレイして記事を投稿するつもりです。
DLCが悩ましいところ。
今はネットワークが繋がらず、購入できませんが、ちょっと迷ってます。
メルルでもあるでしょうし、旧作に使うのもなぁと・・・。
やってみて2周目に入ることがあれば購入するかもしれません。




- マリー、エリー&アニスのアトリエ ~そよ風からの伝言~ - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

マリーとエリーが同じ工房で5年後に完成する大図書館に寄贈する本を執筆する話し。


●システム等

ワンダースワンのマリー&エリーとほぼ同じです。

依頼を受け、錬金術でアイテムを作って報酬を受け取るというのはそのまま。
アイテムを作るには様々な素材が必要で、そのために街から出て冒険する必要があります。
主人公は弱く、モンスターと戦うのは辛いので、お金で用心棒を雇うことが可能。
マリーとエリーは別々に行動することが可能で、一方を調合、一方を採取、といったことが出来ます。

今回は期間は5年で、1年ごとに与えられたテーマにそった本を執筆する必要があります。
これはテーマにあったものをイメージ調合でつくり、その中から5つ選んで本にするというもの。
選んだアイテムによって評価が変わるので、こだわってギリギリまで粘るなど、なかなかやり応えがありました。

大きな特徴はふたりで調合です。
これはマリーとエリーで同じものを作るというもの。
一人で作るよりも成功率は下がるものの、短期間で仕上がるので非常に便利です。

戦闘がオートからコマンド式に変更されました。
自分の好きな行動が取れ、敵もどの敵を狙うか選べます。

セーブファイルは3つ。
任意のファイルにセーブできるので、不安な場面でデータを残しておくことが出来たのが良かったです。


●感想

面白かったです。
ワンダースワンからの順当な進化いった感じです。
これまではレシピを手に入れて合成をすることがメインでしたが、今回は違いました。
イメージ調合という完成品はなく、素材から選んで合成するというもの。
しかし、使う素材は自由に選ぶのではなく、絞られます。
これはこれで何パターンも試す必要がなく有り難かったです。
人によっては自由に調合出来たほうが良かったと思う人もいるかもしれませんね。

1年後との本の執筆も良かったです。
これによって今までは期限最後でグダグダになるということがなかったです。
というのも、本に載せるアイテムは任意で選べるのですが、簡単に作ったものはなんだか載せたくないと思ってしまいます。
なんとかギリギリまで粘ろうと新しいアイテムを作ったりとこれまで以上に調合に熱中できました。

イベントに関して。
シリーズお馴染みのキャラクターが出てきるのでシリーズをやっていて良かったなぁと。
しかし、個別のイベントはワンダースワンと比べるとほぼ無いと言っていいほどなのが残念。
やりかたが悪かったのかもしれませんが・・・。

というわけで、凄く楽しめました。
新キャラクターとのイベントはあまり起きませんでしたが、終わり方が結構綺麗で良かったです。
マリー、エリーが出るのはこれで最後のようですし、満足しました。


●評価

10点満点中 6点


- マリー、エリー&アニスのアトリエ ~そよ風からの伝言~ - 2日目 クリア!

クリア!
いつも通りサクっと終わりました。
シリーズにも慣れてきたので苦戦はせず。

続きを読む

- マリー、エリー&アニスのアトリエ ~そよ風からの伝言~ - 1日目

これで一応の一区切りです。
リメイクと、リリーのアトリエでザールブルグシリーズ自体はまだ残っていますが。



続きを読む

WSクリア済み一覧



・マリー&エリー ~ふたりのアトリエ~
 1日目
 レビュー



- マリー&エリー ~ふたりのアトリエ~ - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

マリーとエリーが同じ工房で原初の炎というアイテム作成を目指す話し。


●システム等

ゲームの内容はPSのシリーズとあまり変わりません。
携帯機ですが、システムはGBではなくPSとほぼ同様。

依頼を受け、錬金術でアイテムを作って報酬を受け取るというのはそのまま。
アイテムを作るには様々な素材が必要で、そのために街から出て冒険する必要があります。
主人公は弱く、モンスターと戦うのは辛いので、お金で用心棒を雇うことが可能。
マリーとエリーは別々に行動することが可能で、一方を調合、一方を採取、といったことが出来ます。

大きな特徴はふたりで調合です。
これはマリーとエリーで同じものを作るというもの。
一人で作るよりも成功率は下がるものの、短期間で仕上がるので非常に便利です。
中には二人で調合でしか作れないものもあり、目玉システムですね。

戦闘はGB版同様でオート。
行動はマリーとエリーに温存して戦う、全力で戦う、味方を援護する、という3種からの選択となりました。

セーブファイルは3つ。
任意のファイルにセーブできるので、不安な場面でデータを残しておくことが出来たのが良かったです。


●感想

面白かったです。
PSのマリー、エリー、GB版を含め、これが一番面白かった。
3年という期間の短さですが、妖精を雇ったり、二人で調合することでテンポ良く進められました。
MP切れで調合ができないということも無かったですし、ヌルイと言えばヌルイです。
しかし、この低めの難易度のおかげで他のキャラクターとのイベントを楽しむ余裕が出ました。
今まで手が足りずに困っていたことも今回は分担して出来ましたし、やってて楽しかったです。
やった順がGBの2本の後だったので、特にそう思いましたね・・・。

注意点は、ゲーム内容が作業的になるところでしょうか。
材料を入手し、調合、アイテム作成の繰り返し。
イベントで入手したレシピによって新しいものが作れるようになります。
イベントは自分から動いて起こさなくていけないため、イベントを起こさないとずっと同じものしか作れません。
結果、非常につまらないことになってしまいます。
それくらいですかね。

アトリエシリーズファンのみならず、幅広く楽しめるんじゃないでしょうか。
シリーズファンには難易度は物足りないでしょう、やり応えを求める人にも物足りないと思います。

ワンダースワンについて。
今回、ワンダースワンクリスタルでプレイしました。
綺麗で見やすく、GBAよりもこっちの方が綺麗かなぁと。
ただ、ライト機能がないので暗いと画面が見えないのが残念でした。
操作性は良かったですし、今後も隠れた名作みたいなものに期待です。


●評価

10点満点中 7点


- マリー&エリー ~ふたりのアトリエ~ - 1日目 クリア!

売っているのを見つけられず、通販でやっと購入。
箱、説明書つきの状態の良いもので3000円ちょっとで買えました。
探せばあるもんですね。
今回も1回にまとめました。



続きを読む

- エリーのアトリエGB - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

一人立ちしたエリーのところで妖精が一人前の錬金術師を目指す話し。


●システム等

ゲームの内容はPSのシリーズとあまり変わりません。

大きな変更点は移動するときにマップを歩くことが出来るようになりました。
街にいる人たちに話しかけ、コミュニケーションをとることが出来ます。

依頼を受け、錬金術でアイテムを作って報酬を受け取るというのはそのまま。
アイテムを作るには様々な素材が必要で、そのために街から出て冒険する必要があります。
主人公は弱く、モンスターと戦うのは辛いので、お金で用心棒を雇うことが可能。

戦闘がなくなりました。
採取へ行くと敵と遭遇した場合の対応を、戦う、ほどほどに戦う、逃げる、のような3つから選ぶことになります。
帰ってきた際に敵を倒せていれば経験値が手に入り、レベルアップでステータスが上がります。
同様に採取の期間も、いっぱい拾う、ほどほどに拾う、すぐ帰るの3つから選ぶことになります。


●感想

マリーとはイベントや出てくるキャラクターが違い、バージョン違いのような感じでした。

マリーをやっていたので今回は本気で効率よく頑張ろうと思っていましたが無理でした。
結局手探り状態が続き、最後までグダグダ。
合成もレベル6か7くらいが限界で、またしても賢者の石は作れず・・・。
勝手がわからず手探りでやっていたマリーの方がたくさん合成は出来てました。

面白いは面白いのですが、楽しもうとせずやっていたのでしんどかったです。
やはり、合成したいときにMP切れや材料が無くて出来ないというのが辛い。
PS版のようにお助けの妖精が雇えれば良かったのですが・・・。

達成感などを得られず、残念でした。
戦闘が無く、プレイヤーはボスを倒した気分がないのに倒す条件のエンディングがあるのがどうも・・・。

マリーでも書きましたが、アトリエシリーズをやるならやはりPS版から入るのが良いと思います。
操作性や、イベントの軽さなどを考えるとやはり据え置きが勝ります。


●評価

10点満点中 5点


- エリーのアトリエGB - 1日目 クリア!

やっつけメモです・・・。

gb_eri.jpg

続きを読む

- マリーのアトリエGB - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

一人立ちしたマリーのところで妖精が一人前の錬金術師を目指す話し。


●システム等

ゲームの内容はPSのシリーズとあまり変わりません。

大きな変更点は移動するときにマップを歩くことが出来るようになりました。
街にいる人たちに話しかけ、コミュニケーションをとることが出来ます。

依頼を受け、錬金術でアイテムを作って報酬を受け取るというのはそのまま。
アイテムを作るには様々な素材が必要で、そのために街から出て冒険する必要があります。
主人公は弱く、モンスターと戦うのは辛いので、お金で用心棒を雇うことが可能。

戦闘がなくなりました。
採取へ行くと敵と遭遇した場合の対応を、戦う、ほどほどに戦う、逃げる、のような3つから選ぶことになります。
帰ってきた際に敵を倒せていれば経験値が手に入り、レベルアップでステータスが上がります。
同様に採取の期間も、いっぱい拾う、ほどほどに拾う、すぐ帰るの3つから選ぶことになります。


●感想

あまり楽しめず。
今回はキャラクターに話しかけることでイベントのフラグが立つことが多いようです・・・。
PS版のシリーズ通り、ただ採取と合成の繰り返してイベントが続くのかと思っていました。
このせいで序盤からあまり効率よく動けなかったです。
終盤、どんどん話しかけるようにはしたものの、最後まで作れないレベルの低いアイテムがあったりと散々でした。
あと、中盤辺りからMPに余裕が無くなり、休みまとめて入れないと合成が出来ない状態に。
レベルの高いアイテムなどはMPが足りずに作れないことが多かったです。
もっと自由に作れるようにしてもらいたかったです。
PS版にはいたお助けの妖精がいないのも辛い。
採取の量がかなり多いので妖精がいなくてもいいかと思いましたが、やはり合成が面倒でした。
大量に必要な中和剤などもわざわざ日数とMPを消費して作らなくてはいけないというのがたまらなく無駄に思えました。

操作に関してはGBなのでよくありません。
反応が悪いというか、変に間があったり、合成の画面がPSから変わっているので見にくかったりと少し残念。
ボタンが2つということもあり、操作性も良くなかったです。
慣れれば問題ないことがほとんどなのでそこまで酷くはないですが、やはり気になります。

結構シビアなゲーム内容だと思います。
攻略無しでは十分に楽しめず、なんだかよくわからない終わりになるかと。
自分はなんだかわからない終わりになってしまいました・・・。

アトリエシリーズをやるならやはりPS版から入るのが良いと思います。
これをアトリエシリーズの入りでやってしまうと多分シリーズをつまらないと思ってしまうのではないでしょうか。


●評価

10点満点中 5点


- マリーのアトリエGB - 1日目 クリア!

1日にまとめて投稿。
日記というよりメモです・・・。
難しいゲームでした。

gb_mari.jpg

続きを読む

- エリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士2~ - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

前作の主人公マリーに憧れるエリーが一人前の錬金術士を目指す話。


●システム等

前作と変わらず。

ゲームの内容は依頼を受け、錬金術でアイテムを作って報酬を受け取るというもの。
アイテムを作るには様々な素材が必要で、そのために街から出て冒険する必要があります。
主人公は弱く、モンスターと戦うのは辛いので、お金で用心棒を雇うことが可能。

戦闘は早い順に行動するオーソドックスなRPG形式。
隊列がありますが、効果は不明。
敵を倒せば経験値が手に入り、レベルアップでステータスが上がります。


●感想

面白かったです。
相変わらずアイテムの作成、素材の収集は楽しい。
冒険の難易度は前作より低いかと。
ダグラスという仲間が強すぎて、前作ほど苦戦する敵というのがいませんでした。
イベントに出くわしてないだけということもあるかと思いますが・・・。

マイナス点は・・・。
内容は前作からキャラクターが変わっただけという印象。
つまらないわけではないのですが、残念です。
あとは相変わらずイベントが起こらないと単調な作業が浮き彫りになり、途端に面倒になります。
良いタイミングで新しいアイテムのレシピが手に入ったり、いける場所が増える序盤が一番から中盤が一番楽しいです。

前作キャラとの絡みがあるのでファンならば十分な良作と言えるかと。


●評価

10点満点中 6点


- エリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士2~ - 3日目 クリア!

クリア。
バッドエンドではなかったものの、最後はやることがなくて困ってしまいました。
PS2版でこれまたリベンジです。

続きを読む

- AKIBA'S TRIP アキバズトリップ - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

人間とは違う存在、カゲヤシから秋葉原を守るため戦う話。


●システム等

アクションゲーム。
上段、中段、下段で攻撃は打ち分けが可能。
装備している武器によってもモーションや射程が変わります。
また、方向キーとの組み合わせによる強攻撃や移動攻撃といったバリエーションもあります。

ダメージはHPではなく装備している服に加えられます。
服にダメージが蓄積すると脱がせることが可能に。
これが目玉システムのストリップアクションです。
攻撃を加え続ければ服を破壊することが出来ますが、ストリップアクションで脱がすことで服を入手することが出来ます。

ストーリーはほぼお遣い。
次はどこに行けと指令が出て、ヒントを読んで行動します。
そのミッション中に出る選択肢によってルートが変わるようで、苦にはなりませんでした。
イベントの早送り機能もあるため周回プレイもやりやすいかと。


●感想

結構面白かったです。
最初はグラフィックの酷さなどでシンプル2000シリーズレベルだと思いましたが・・・。
やっているとキャラクターにもそこそこ愛着が沸いてきました。
ストリップアクションも連続で脱がせることが出来たときの気持ちよさは独特のものがありますね。
チマチマダメージを与え、脱がせられる状態になっても放置して他の敵に攻撃・・・。
そして全員脱がせられるようになったところで連続脱がし!というような遊び方が出来ました。
そういう遊び方が出きたおかげで戦闘も作業的にならずに済みましたし、良かったなぁと。
カゲヤシなら脱がすと消滅しますが、一般人を脱がすと一発殴ってから走って逃げていくというのがシュール。
下着にも種類があったり、警察官の前で戦うと捕まって罰金を払わされたりと工夫がありました。

装備品についても色々種類があって面白かったです。
強化アイテムを使えば気に入った見た目の装備を強化して使い続けられるというのも良いシステムだなと。

マイナス点は・・・。
気になるのはグラフィック、酷すぎます・・・イラストと似ても似つかない。
これは慣れでなんとかなりますが、ちょっとガッカリです。
フルボイスじゃないのも残念。
最後もボイス無しでした・・・。
ゲーム以外のことで言えば説明書。
冊子ではなく一枚の紙を折ったタイプとなっていて、非常に見辛い。
しかも内容が薄く、不親切。
ゲーム内で色々と解説はありますが、やはり説明書は説明書になってくれてないと困ります。
最初、装備をどうやって変えればいいのかわからず困りました・・・。

酷かったのは処理落ちです。
このゲーム、ワンボタン回避行動がないため囲まれるとかなり辛いことになります。
そういった状況だと複数の敵が画面にいることになるのですが、処理落ちが発生。
動きがスローになってしまい、酷いです。
次に気になったのはロード時間。
インストールしたのですが、画面が変わるたびにロードが入ります。
この2点は最後まで気になって仕方ありませんでした。

この内容なので、手軽さで言えばPSPで出して正解だと思います。
しかし、ゲームの内容としてはPS3など据え置きで出すべきだったのではと思います。
脱衣して下着が見えるのが売りのはずなのにそのグラフィックが残念な出来というのは駄目なんじゃないかと。
フルボイス化もできたでしょうし、PSPで出す利点がゲームの目玉と合ってないというかなんというか。

面白いことは面白いです、絶賛というところまでは行きませんが、こんなゲームもあるという話の種に。
難しいところですが、やっぱり2000円くらいなら大満足という内容ですかね・・・。


●評価

10点満点中 6点


- AKIBA'S TRIP アキバズトリップ - 6日目 クリア!

終わりました。
終わってみれば早かった・・・です。
最初はシンプル2000シリーズだとか言いましたが、なかなか面白かったです。

続きを読む

- AKIBA'S TRIP アキバズトリップ - 5日目

終盤にさしかかってきたという感じです。

続きを読む

- AKIBA'S TRIP アキバズトリップ - 4日目

サブミッションが結構多くてなかなか進まず。
お金を貯めて購入しないと新しい攻撃方法が追加されないのでやらないと・・・。

続きを読む

- エリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士2~ - 2日目

ちょっと中だるみ気味。

続きを読む

- AKIBA'S TRIP アキバズトリップ - 3日目

コツコツと・・・。
相変わらず多人数に囲まれると苦戦します。

続きを読む

- AKIBA'S TRIP アキバズトリップ - 2日目

あまり進まず。
ちょっとずつ面白くなってきました。

続きを読む

- AKIBA'S TRIP アキバズトリップ - 1日目

というわけで、開始。
秋葉原には行ったことがありませんが、楽しめるのでしょうか・・・。
ゆっくりやっていくことになりそうです。



続きを読む

- エリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士2~ - 1日目

2作目。
1作目は面白かったので今回も期待。



続きを読む

購入記録その27 AKIBA'S TRIP、他を買った。

110519.jpg


AKIBA'S TRIP アキバズトリップ
ストラクウィッチーズ ―蒼空の電撃戦 新隊長 奮闘する―


を購入。

アキバズトリップはやっぱりやめようと思っていたのに店に行って購入。
迷っているときに現物見ると駄目ですね。
・・・なんでしょうか、買わずにモヤモヤするよりも買って損する方がはるかにましなんです。
今日から始める予定。
開けてビックリ説明書が一枚の紙を折っているタイプ、これ大嫌いです・・・。

ストライクウィッチーズはワゴンに入っていたのでついでに購入。
シューティングだと思っていたのですが、それはまた別のゲームだそうで。
ニンテンドーポイントも有効期限内でしたし、買って損はなかったです。
シューティングの方をこれから要チェックです。




- マリーのアトリエ プラス ~ザールブルグの錬金術士~ - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

落ちこぼれの錬金術士のマリーが卒業試験として5年間店を経営する話し。


●システム等

ゲームの内容は依頼を受け、錬金術でアイテムを作って報酬を受け取るというもの。
アイテムを作るには様々な素材が必要で、そのために街から出て冒険する必要があります。
主人公は弱く、モンスターと戦うのは辛いので、お金で用心棒を雇うことが可能。

戦闘は早い順に行動するオーソドックスなRPG形式。
隊列がありますが、効果は不明。
敵を倒せば経験値が手に入り、レベルアップでステータスが上がります。

無印版と比べ、イベントが増えているようです。


●感想

面白かったです。
流れがわかっていたので前半はサクサク進めることができました。
しかし、途中からどうしても進めなくなり、1年くらいはダラダラとお金を稼ぐだけという無駄な期間が・・・。

このゲーム、イベントが起こるスケジュールを把握していないとだめですね。
でかけたりしていると起こらないまま終わってしまうようです。
攻略に頼らず進めるなら運の力がかなり必要だということがわかりました。
また、無印では装備品が増えないと思っていましたが、素材を売ることで売られることがわかったのも良かったです。

前回よりも楽しめました。
今後のシリーズにも期待。


●評価

10点満点中 6点


- マリーのアトリエ プラス ~ザールブルグの錬金術士~ - 1日目 クリア!

記事を分けられなかったので、一度で終わりです。
一応、前よりも良いエンディングを迎えることができました。
賢者の石を作れなかったのが心残りですが・・・。



続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ