- 戦場のヴァルキュリア - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

シミュレーションゲーム。
小国であるガリア公国が帝国に攻め込まれます。
ガリア公国の義勇軍として戦争に参加し、小隊長となる主人公と仲間の物語。


●システム等

マップに味方ユニットを配置して戦闘を始めるシミュレーションゲーム。

章単位で話が進み、本を読むような感覚で進みます。
コマを選択するとエピソードを読み進めることが出来、全て見終えると章クリアとなります。

戦闘はターン制。
CPというポイントの数だけユニットを動かすことが可能。
ユニットにはそれぞれに定められているAPの範囲内でマップを移動することが出来ます。
攻撃は一回の行動で一度だけとなります。

ユニットには異なる性質を持つ兵科があります。
移動力が高く、索敵も出来る偵察兵。
攻撃力、守備力の高い突撃兵。
移動力は低いものの、戦車に対して威力を発揮する対戦車兵。
防御力は弱いものの、戦車の修理、地雷の撤去、他兵科の弾丸補充が出来る支援兵。
スコープで遠くの敵を狙える狙撃兵。
攻撃力が高く、障害物を破壊したり、歩兵の盾となることの出来る戦車。
と、これだけの種類があります。
戦闘では戦車以外の兵科を自分好みで選んで戦闘に出すことが出来ます。

ユニットは個性豊かなキャラクターで、ポテンシャルというスキルのようなものがあります。
ポテンシャルはどれも自動発動のスキルで、地形によってプラスに働くものや、逆にマイナスに働くものがあります。

他、主人公はオーダーという特殊な指令を出すことが可能。
CPを消費してユニットの防御力や攻撃力を上げるというもので、様々な場面で活躍します。

成長はレベル制。
戦闘後、その戦闘での経過ターン数などをもとに取得経験値が決まります。
その経験値を各兵科に割り振ることで兵科単位でレベルが上がります。
キャラクターごとのレベルは無いため、考えながら兵科のレベルを上げる必要があります。

他、お金を使って装備等を開発したりと強化も可能。
開発とは言うものの、章を進めるごとに作れるものが追加されるというだけなので自由度はありません。
戦車のパーツのカスタマイズのみそこそこの自由度。


●感想

期待通り面白かったです。
ストーリーはそれほどでもないですが、戦闘が良かった。
敵の行動パターンや地形をしっかり把握し、こちらのユニットを動かすことで優位に進めることが出来るのは気持ちいいです。
難関ステージではその把握が出来ていないとほぼクリアできないんじゃないかと思うようなところもありました。
どのステージもしっかり配置を考えて動かせば、たった数ターンでクリア出来るようになっているようです。
やりがいがあり辛いところもありましたが試行錯誤が楽しかったです。

気になったのはロードの長さです。
インストールを利用しましたが、戦闘に入るまでのロードが長いです。
戦闘時にセーブ、ロードも出来るのですが、ロードが長くて苦痛。
敵ターンに入ってしまうと何もできず、ソフトリセットも無いので敵の行動が終わるのを長々見る羽目にはります。

2周目の引継ぎプレイや、ダウンロードコンテンツ等、長く遊べます。
縛りプレイなども出来そうですし、やり込みにも良いかと。


●評価

10点満点中 8点


スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ