- ヒカルの碁 ~院生頂上決戦~ - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

ヒカルの碁を題材にした囲碁対局ゲーム。
ストーリーは原作にあった院生、プロ試験が舞台。
院生の一人となり、登場人物たちとプロを目指すというもの。


●システム等

まず難易度選択があり、強い、普通、弱いから選択できます。
碁盤のサイズも9路盤、13路盤、19路盤から選択可能。

対局をこなして院生順位を上げ、プロ試験で合格することが本筋です。
好きなタイミングで碁会所で打ったり、囲碁の検討、ルールの解説を受けられる施設に行くことができます。
寄り道をすればボリュームはなかなかもの。

対局中、石を取ったりして気力を溜めると発動できる「気合の一手」というものがあります。
相手を動揺させてミスを誘うことができるそうですが、どういう効果かは不明。

問題点。
コンピューターが弱いのは仕方ないとして、考慮時間が長い。
ただ長いだけでなく、いちいちコメントを発し、文字を送らないと打ってくれないのが面倒です。
終盤にはもう打っても仕方ないところを打ったりと無駄なことが多いです。

一局打つのに30~1時間はかかることを覚悟しないといけません。
打ち終わり、整地のところでもなぜか完全な地になっている部分をダメと判断して埋めることがあり、囲碁ゲームとして最悪の出来。
相手のミスを誘うという「気合の一手」も効果が見えませんし・・・。


●感想

とにかく対局が長く、苦痛でした。
ルールの解説や検討などといった要素は楽しめるのですが、本筋の対局がいけませんでした。

キャラクターがフルボイスで喋ってはくれますが、対局中の反応は皆同じセリフで面白みが半減。
そのコメントを飛ばすためにボタンを押さないといけないのが本当に面倒でした。
上にも書いた通り、囲碁対局ソフトとしては最悪の出来だと思います。

囲碁のルールは覚えられると思うので、ヒカルの碁から囲碁に興味を持った人ならそれなりに楽しめると思います。


●評価

10点満点中 2点


スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ