- ワンダと巨像 - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

女の人を生き返らせるため、16体の巨像と戦う話し。


●システム等

アクションゲーム。
基本的な流れは、剣を掲げると出る光が指す方向に巨像がいるので馬に乗るなりして向か、巨像と戦うというもの。

操作は単純で、ジャンプ、しゃがむ、しがみつく、避ける、剣攻撃、弓攻撃、くらい。
巨像には弱点があり、どうにか体に取り付いてそこまで移動する必要があります。
フィールドにあるものを利用したり、巨像を誘導して利用したりして戦う必要があります。

仕掛けがわからないまま時間が経つとヒントメッセージも出ます。


●感想

オールボス戦といった感じで楽しかったです。
ヒントメッセージを聞いてもわからなかったりで結局攻略サイトさんに頼ってしまいましたが・・・。

操作に慣れることが一番重要ですね。
特に掴みとタイミングを見極めての移動。
巨像が振り払おうとするのをしっかり耐えて動きが止まったところを見極めて移動するというのが大変でした。
振り落とされてはまた1からやり直し・・・というような感じで。

巨像と戦うのは本当に面白かったのですが、最後だけは最悪でした・・・。
操作が下手なので仕方ないのですが、移動しない巨像に一生懸命よじ登って移動するだけ。
落ちては一からやり直し。
ダメージは落下したときのものだけで、攻撃はしてきません。
生きた巨像と戦っている感じが全くしなかったのでそれまでの巨像とは別もののように感じました。
あとはカメラワークの操作ですかね。
動かせるものの、そこで固定出来ず、勝手に戻ってしまいます。
ただ辺りを見回すだけにしか使えず、操作しやすい角度に固定することが出来ませんでした。
不満点はそれくらいでした。

でっかい巨像によじのぼって弱点を思い切り刺すというのは今までに無い戦い方で楽しくて楽しくてたまりません。
何度も弱い巨像と戦いたいくらいでした。


●評価

10点満点中 8点


スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ