- 魔界戦記ディスガイア2 - レビュー




●ゲーム内容、ストーリー等

史上最凶やり込みシミュレーションRPG・・・というのが宣伝文句のゲーム。
主人公アデルが人間を苦しめる魔王ゼノンを倒すため戦う話し。


●システム等

ほぼ前作同様。
システムはごく普通のマップ系のシミュレーションゲーム。

様々な特性のついたシンボルがあり、そのシンボルが乗っている色のマスに効果を及ぼすというシステムがあります。
効果は様々で、経験値アップやダメージ等々、上手く壊さないと進めなかったりとややパズル要素もあります。
とは言っても難しいというところはなく、不利な状況もキャラクターの強化次第でなんとでもなります。

キャラクター強化に関して。
転生システムがあり、上限のレベル9999になっても転生をすることでレベルを1に戻すことができるというもの。
今まで上げたレベルは総レベルとして記録され、パラメータにボーナスなどの効果を与えることができます。
これによって転生前と転生後の同レベルでもパラメータに大きな差ができます。

装備品も強化することが可能。
それぞれのアイテムに入ることができ、アイテム界というマップを下層まで降りることでアイテム自体のレベルが上がります。
また、中にいる特殊な敵を倒すことでボーナスをつけることも可能。
このあたりが強化のやり込みです。

新要素として前科があります。
罪を犯すと裁判を受けることとなり、有罪になることで前科が増えていきます。
取得経験値アップなど増えれば増えるほど良い影響を得ることが出来ます。

他、アイテム界に界賊が出現するようになりました。
様々な界賊団があり、それぞれ一枚ずつ地図を持っています。
全て集めることで敵がさらに強くなった世界、修羅の国へ行くことが可能に。

敵はストーリーのラスボス以上の敵が多く、強化無しではまず勝てません。
強化はほとんど単純作業になってしまうので根気が必要です。


●感想

発売当初は続編を望んでいなかったので仕方なく買った、という感じでした。
やり込み要素のボリュームが前作の比ではなくなり、ウンザリした記憶が・・・。
クリア後、あまり熱心にプレイしていなかったようです。
話はそれなりに楽しめたので、クリアして一気に力が抜けたんでしょう。
修羅の国を見ないまま終わってしまったのでPSP版で頑張りたいと思っています。


●評価

10点満点中 7点


スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ