- ゼルダの伝説 神々のトライフォース - レビュー

vc_xelda_tr.jpg


●ゲーム内容、ストーリー等

ガノンの野望を阻止するため、リンクが戦う話し。


●システム等

アクションゲーム。
リンクにレベルの概念が無くなり、よりアクションゲームらしくなりました。
武器に強化の要素がありますが、2階目以降はサブイベント扱いの模様。

戦闘はアクション。
他にもダンジョンで入手したアイテムにより、出来るアクションが増えていきます。
アクションを駆使して仕掛を解き、各ダンジョンのボスを倒すのが基本的な流れとなります。

ライフがなくなるとコンティニューが出来ますが、ダンジョンの入り口から。
解除済みの扉や入手済みのアイテムは引き継がれます。
セーブもいつでも可能ですが、再開場所が固定。
ライフも全回復から始められません。


●感想

面白かったです。
アクションの幅が広がり、リンクの動きも見ていて楽しい。
フィールド移動には途中からワープも利用できるようになりましたし、回復アイテムが買えるのも良かったです。

しかし、行き先が常にわかり、指示される分お遣い感がなんとも。
リンクの冒険のほうがまだ広い世界を感じられました。
小さい世界を移動させられていると感じてしまうというかなんというか・・・。
ダンジョンもリンクの冒険の方が探索している感じがしましたし。
敵との戦闘も楽しいのはボス戦だけ。
雑魚は厄介ですが、パターンに複雑なものは少なく剣を振り回していれば勝てます。
しかし、リンクを振り向かせたつもりが振り向いてなかったり、当たっているように見えて当たっていないなどといったことが頻発。
雑魚ではないですが、岩が落ちてくるところでどう見ても当たってないのに当たっているのにはイライラしました。
また、ボスで負けるとダンジョンの最初からでフル回復していないというのが辛く感じてしまいます。
早くボスと戦いたいのにまた入り口からで、途中ダメージを受けてボスに辿り着く頃にはHPが半分以下・・・そして負け。
なんてことが続いてイライラしてしまいました。

謎解きは種類が多く、やや難解でした。
新しいアイテムを拾った時にそのアイテムの説明があまりないのが不親切に感じます。
色々使って試して発見、ということなんでしょうけど、MP消費するものは試すだけ試して回復が出来ないという状況が辛いです。
アイテムを使って仕掛を解いたときの感動よりもやっと解けた・・・という疲れが先にきてしまいました。
鍵の扉を見てはまた鍵探すのか・・・というような気持ちに。
あとはブロックのスライドの仕掛、これが全然発見できませんでした。
どこかのブロックがスライドするかも、という発想が頭にないです・・・。

完成度は非常に高いと思いますが、自分はリンクの冒険の方が好きです。
リンクの冒険は最初から攻略サイトさんを参考にしてアクションのみを楽しんだという感じなので、比べるべきではないですが。
今作は自分がミスしてやられるとシステムなどゲーム内容に対して腹が立ちました、自分が悪いのはわかっているのに・・・。
全回復でボスからスタートならとか、向い合ってるのに相手の飛び道具が当たってこちらの飛び道具が当たらないのはなぜ?とか。
橋の下など、見えないところに敵が入ってしまい、そいつに気付かず当たったり。
そういうもんなんだという受け入れが出来なかったんですね・・・。
あとは上手くプレイしても結局はパズルを解かされただけという感じがするというんでしょうか、表現が難しいですが。
リンクの冒険はやられても自分の腕の無さに腹が立つんです、だから乗り越えたときに気分がいい。
そんなところですかね。

不満ばかり書きましたが、面白いゲームでした。
小学生当時に出会いたかったなと。


●評価

10点満点中 7点


スポンサーサイト

theme : ゲームレビュー
genre : ゲーム

comment

Secret

No title

先ほどクリアしましたが確かに不親切ですね。闇の世界に入ってから迷いましたよ。
ダンジョン内の仕掛けはそれほど悩みませんでしたが・・・。

・必須アイテムなのに発見困難だったり脈絡がない(アイスロッド、オカリナ、一応銀の矢も)
見つけずともある程度先にすすめられるので性質が悪い。
ムーンパールなどは取らずとも先に進めるが結局取りに戻らなければならない。
アイスロッドは取らなくてもカメイワのボスと戦えるが勝てない。など。

・冒険を楽にするアイテム・イベントも発見困難(鍛冶屋、2本目以降のビン、魔法の粉→MP半減)

・光=闇世界の行き来が分かりづらい。
闇の神殿に行こうとしたらムーンパールを取ってないので光の世界の塔に取りに行く→闇の世界に戻る方法が分からない(ハイラル城に行けば闇の世界にワープできる)・・・で2時間つぶしました。

それ以外にも、落ちなければならない穴、落ちてはいけない穴の区別ができないのもいらっとしましたね。
魔法薬のドロップ率が低いのも。(アイスロッド→ハンマーで倒せばドロップしやすくなりますが、アイスロッド自体も魔法力を使う)

特にゼルダに思い入れがあるわけではないので、攻略サイトを見なければやめていたかもしれません。
ゼルダシリーズは夢を見る島と風のタクトをリアルタイムで攻略本無しでクリアしましたが、タクトは船を手に入れてから何時間も漂流してた思い出しかありません(笑)

No title

ORさん
面倒と感じてしまいましたが、そういった部分を楽しむゲームなんでしょうね。
だから時間を忘れて夢中になれる子供時代にやっていればかなり楽しめたと思います。
時間が限られていると何度も失敗してそれを乗り越えるというところに楽しさを感じられにくいように思います・・・。
ゼルダシリーズは次の時のオカリナはプレイ済なのですが、そちらは結構楽しめました。
これから先のシリーズも楽しみにしています。
コメントありがとうございました。
FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ