- 戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校 - レビュー



●ゲーム内容、ストーリー等

王立士官学校の生徒となり、テロリストと戦う話。


●システム等

マップに味方ユニットを配置して戦闘を始めるシミュレーションゲーム。
基本的なところは前作と同じです。

章単位で話が進みますが、前作と違い作戦準備室からミッションを選択する形式になりました。
大きく変わった点は戦闘マップが1つのマップではなくなった点です。
拠点を制圧することで、別マップにある拠点と繋がり、そこからユニットを出して進めて行くことになります。

戦闘はターン制。
CPというポイントの数だけユニットを動かすことが可能。
ユニットにはそれぞれに定められているAPの範囲内でマップを移動することが出来ます。
攻撃は一回の行動で一度だけとなります。

ユニットには異なる性質を持つ兵科があります。
ユニットにはポテンシャルというスキルのようなものがあります。
ポテンシャルはどれも自動発動のスキルで、地形によってプラスに働くものや、逆にマイナスに働くものがあります。

他、主人公はオーダーという特殊な指令を出すことが可能。
CPを消費してユニットの防御力や攻撃力を上げるというもので、様々な場面で活躍します。

成長はレベル制。
戦闘後、その戦闘での経過ターン数などをもとに取得経験値が決まります。
その経験値を各兵科に割り振ることで兵科単位でレベルが上がります。
キャラクターごとのレベルは無いため、考えながら兵科のレベルを上げる必要があります。

他、お金を使って装備等を開発したりと強化も可能。
戦車のパーツのカスタマイズのみそこそこの自由度。

有料コンテンツや、他ゲームのデータ連動でユニットが出たりと追加要素もあります。


●感想

面白かったですが、前作と比べると物足りなさを感じます。
今作の方が勝っている点もあると思うのですが、好みの問題でしょうかね。

良かった点はミッション数の多さです。
面白いのは戦闘なので数が多いのはやはり嬉しい。
しかし、前作と比べるとマップの質が落ちたかなと。
マップの移動という新要素はあるものの、ごり押しがより効くようになりました。
質が落ちたというよりは性質が変わったというんですかね。
携帯機ですし、これくらいの難易度でサクサク遊べる方が良いとは思いますが、前作があるためそこに納得がいきません。
前作の一部詰め将棋的な攻略法などを編み出す面白さが無かったです。

あとはストーリー。
前作はややクサイながらもなかなか良い話で、雰囲気にも合っていて良かったのですが、今回は全体的に安っぽいです。
学園物になり、ある程度は仕方ないと思いますが、緊張感がないというか・・・。
グラフィック関係もPS3の後なのでどうしてももっさく感じてしまいます。

まだ全てのミッションをクリアしていませんが、もうやる気は起こらないでしょう。
有料ミッションも購入したのにやらず終いなのは勿体無いのですが・・・。

このシリーズをやるなら1をお薦めしますが、これも面白いですしお薦めです。
次こそは据え置きで出して欲しい。


●評価

10点満点中 7点


スポンサーサイト

theme : ゲームレビュー
genre : ゲーム

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ