- 不思議のダンジョン 風来のシレン3 ~からくり屋敷の眠り姫~ - 2日目

アスカ登場。
テンション上がります。

続き。


強化は諦めて進みます。
からくり茶屋へ。
店、銀行、蔵が使えました。

四つ目岩へ。
4つのくぼみがあるのでここに玉をセットするんですかね。

大ムカデの巣穴へ。
8階でコッパ発見。
大ムカデと戦闘になります。
回復の杖がたくさんあったのでセンセーに攻撃を任せてシレンで回復してれば勝てました。
シレン、千年後に帰るという伝説の・・・とか言い残して死亡。
センセーからシレンの父、ギメンシャとい風来人について話を聞いたり。
引き返すなら今だ、みたいなことを言われますが、進みます。

大ムカデの巣で合成の壺が出たのでもう一度潜ってみます。
店で睡眠の太刀が買えたのと、ハラモチの盾を拾いました。
モチモチはこれまでの皮甲の盾と同じ効果のようですね。

大ワシの砦へ。
コドモ戦車がうっとおしい・・・。
シレンがよけてもセンセーが当たります。
仕方なくシレンでダメージを受けつつ接近するしかありません。
センセー邪魔・・・。
すりガラスに壺を盗まれまくりました・・・。
倒しても戻ってこないようで、どうなってんだ。
8階で大ワシと戦闘に。
鉄砲で遠距離攻撃をしてきます。
またセンセーに任せることに。
シレンは回復の杖を振るだけ。
上半身固めとかで攻撃できなくされますが、問題なく撃破。

倒したと思ったら不意打ちで先生がやられてしまいます。
仲間になったら助けてやろうとか言われ、断りました。
が、それでいいのかとかもう一度聞かれ、連打していたのでわかったを選択してしまいました・・・。
シレンがマムルに変えられてしまいます。
コッパもやられそうになったところ、アスカ登場。
コッパを連れて逃げます。
センセーはセンセーで勝手に逃げた様子。

で、シレンとセンセーを助けるため、アスカ操作。
長老からシレンを元の姿に戻す打ち出のこづちを貰いました。
二十四の乙女がござるは流石に・・・とかでござる口調じゃなくなった理由を教えてくれました・・・。

装備はシレンの物が使えるので問題ないですが、センセーの装備は持って行った方がいいんですかね。
一応持って行くことにします。


というところで今日はここまで。
レベルは15まで上がってます。


スポンサーサイト

theme : ゲームプレイ日記
genre : ゲーム

comment

Secret

私もシレン3始めました

始めまして、
シレンの情報を集めるため、サーフィンしてたところ、こちらにたどり着きました。

不思議ダンジョン系は初なんですが面白いんでしょうか?

なんかダッシュするとフリーズするところにストレスが溜まるのと敵がこちらを倒すとレベルが上がって行くので生き返ってもすぐにやられ終わります。普通にサクサク動けないところがまた、ハマるとこなんでしょうか?

このゲームは軽くは遊べないんジャンルなのかなと
いろいろよくわからんです。

また、お邪魔します。

No title

たまごさん
はじめまして。
確かにシレン3はテンポが悪くてプレイは快適ではないです…。
敵のパターンを知り、やられやすいシチュエーションにどう対応すれば良いかというのを何度もやられて覚えるのがこのシリーズの醍醐味だと思うので、サクサク楽しむRPGとは別物だと思います。
自分はこのジャンルのゲームをたまに無性にやりたくなります。
運良く拾った強い武器を時間をかけて強化して敵を一撃で倒せるようになっても、凡ミスで全て失うということにも慣れた頃からストレスが楽しさに変わるんじゃないかと思います。
この3よりもスーパーファミコンのシレンの方がサクサク遊べますしオススメです。
ではでは。
FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ