- スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- INTERNATIONAL - 6日目

今日はほとんどイベントだけでした。

続き。


カルナスのワープエンジンを修理するため惑星ロークへ降りることになります。
エッジは相変わらず落ち込んでいて仲間が声をかけてもいじけるだけ・・・。
そうこうしていると謎の敵に襲われますが、エルダー人の船に助けてもらいました。
修理のためロークへ。

やる気のないエッジに代わってレイミが指揮。
ここの星の人はメリクルと同じで耳としっぽがあり、故郷ではないかという話に。

進んでいくとタトローイという街に到着。
入ってすぐイベント。
何か透明なものを持っているような雰囲気の人たちがぞろぞろ歩いているのを見ます。
レイミの足の様子がおかしかったり。

さらに進むと羽根の生えた女性が助けを求めているのを助けます。
エッジがとっさに助けてしまい、干渉しないと決めたのに何をしているんだと即後悔。

助けたサラという人と会話。
エッジとレイミの顔をパージ神殿というところで見たことがあるとか言います。
ムーア人の石像としておいてあるとか。
カルディアノン人もエッジ達をムーアの末裔と呼んでいたので何かあるということで行ってみることに。
サラも一緒に行きたいと言いますが、エッジが関わりたくないと拒否・・・。

とりあえず街の外へ。
外に出てテントにいる人と会話。
パージ神殿に行くためにバーニィを捕まえることに。
捕まえようとしたところ、レイミが熱で倒れてしまいました。
一度街へ戻って休むことに。
レイミが石化病だということがわかります。
アストラル城にいけば特効薬があるとサラが出てきて教えてくれました。
エッジもうじうじしていたことを反省。

船着き場へ行き船へ。
サラと会話。
サラにパージ神殿を目指すならその前にイレーネという人に会っていけばどうかと言われます。
メリクルはイレーネという名前を聞いて知っているような様子。
子供のころに絵本に出てきた聖女イレーネ様だとかなんとか。

そんなこんなでアストラル城に到着。
薬を貰いに城へ。
王様に頼むと快く薬の精製に入ってくれました。
その後、アスモデウスとかいう魔王を崇拝している奴らがいるという話を聞いたり。

その後、薬を受け取りに行きますが、黒鷲とかいう賊に奪われたとか・・・。
エッジが見かけた不審者だったようで、関係ないとスルーしたことを後悔。
必ず捕まえると言って外へ。

船でタトローイへ戻り、街の人から話を聞くと黒鷲が闘技場へ行ったという話が聞けました。
闘技場へ。
エッジがこの星の人間でないことを知られるのを覚悟で黒鷲と戦闘。
楽々勝利。
無事特効薬を取り戻します。
無事レイミも復活。

レイミの治りが早すぎるということから自分たちは実験で生まれた古代ムーア人の遺伝子を持った特殊な人間だという話をします。
エッジとクロウもそうでしたが、エッジは知らなかった様子・・・。
レイミは凄く深刻な話みたいに話しますが、そんなでもないんじゃ・・・。
その後、レイミと二人っきりで話たり。

眠れそうにないと外に出るとチンピラに絡まれました。
ミュリアとかいう人に助けてもらいました。
ミュリアからクロウを殺すから居場所を教えてくれと言われます。
最愛の人を殺されたから探しているとか。
そんなわけがないと反論しますが、エッジの近くにいれば会えるかもしれないからエッジを追うことにするとか言われます。

次の日、サラがさらわれてしまい、探すことに。


というところで今日はここまで。


スポンサーサイト

theme : ゲームプレイ日記
genre : ゲーム

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ