- テイルズ オブ ゼスティリア - 5日目

今日もコツコツ。

続き。


森を抜けてラストンベルに到着。
検問がありましたがあっさり抜けて中へ。
ラストンベルに到着。

エリクシールが売られているとかいう話を聞いて聖堂へ。
セルゲイとかいう兵士につけられていて戦闘に。
負けまくりましたが何度もやってどうにか勝利。

戦闘後、力を貸して欲しいと頼まれます。
枢機卿が導師が自分を脅かす存在だと思っているとか。
前皇帝を殺して権力を掌握した疑いがあるそうで、枢機卿の正体を探ってくれと頼まれました。
で、枢機卿がいるペンドラコを目指すことに。

到着。
宿屋でセルゲイと憑魔が戦っているのを見ます。
近付くと憑魔は逃げ、セルゲイと会話。
さっきの憑魔は枢機卿の手下だったそうで、やはり枢機卿が怪しいという話に。
詳しい話を聞くためセルゲイのいる兵士団のところへ。
話を聞き、今夜は休んで次の日教会へ入ることに。

で、宿に戻ってロゼがいた組織の話を聞いたり。
元々はローレンス皇家に使われていた凄腕の傭兵団だったそうです。
結局は裏切られてしまったそうですが・・・。
そんな話をしているとロゼがこっそり裏口から出てしまったようで、後を追うことに。

すぐ発見。
教皇暗殺を依頼されたそうですが、しっかり調べて悪なら殺すとか。

で、教会へ。
導師の秘力を得られる試練が書かれている碑文がありましたが、教皇しか読めないとか。
そんな話を聞いていると憑魔の領域が突然出て天族の皆が見えなくなってしまい、外に出ることに。

教会の入り口に枢機卿がいてローランスが厄災の次代を乗り越えるために力を貸して欲しいと脅されます。
教皇マシドラは逃げたという話も聞けました。
協力を断り、攻撃されそうになりますがミクリオ達が出てきて逃げることに成功。

騎士団塔に逃げ込み、報告。
ゴドジンという村に教皇がいるという情報をロゼが持ってきます。
ゴドジンへ向かうことに。
出発前にセルゲイから獅子戦吼を教えてもらいました。

凱旋草海西からカンブリア地底洞へ。


というところで今日はここまで。


スポンサーサイト

theme : ゲームプレイ日記
genre : ゲーム

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ