- 蒼き革命のヴァルキュリア - レビュー



●ゲーム内容、ストーリー等

復讐のため、戦争を起こした五人の大罪人の話。


●システム等

ヴァルキュリアシリーズとは全く別物になりました。

戦闘はコマンド式のアクション。
通常攻撃、ガード、回避、技や魔法に当たる呪術を選択して使用します。
戦闘中に使う呪術はそれぞれ対応するラグナイトを装備することで使用可能に。
FF7のマテリアみたなものです。
それぞれ呪術には属性とレベルがあり、キャラクターの持つ属性レベルに達していないと装備できません。

行動はATBバーのようなゲージが溜まることで行動可能に。
バーの溜まるスピードは常に表示されている戦況ゲージに左右され、ゲージが有利だと即溜まります。

パーティーメンバーは4人。
それぞれ異なる兵科が設定されており、使える呪術が異なります。
味方はある程度の行動を指示できるマニュフェストというものが設定可能。
さらにはいつでも操作キャラに変更できます。

成長はレベル制。
武器の強化が独特で、強化ではステータスアップが可能。
呪術に使うラグナイトを武器の強化に使用。
双六のような盤面のマスに強化内容と必要なポイントが設定されており、ラグナイトを使用することでポイントが溜まります。
FF10のスフィア盤のようなものです。
ポイントが満タンになるとスキル習得という流れ。
レベルの高いラグナイトほど高いポイントが得られます。


●感想

値崩れして2000円くらいで購入したのでそこそこには楽しめました。
新品古プライスで購入していると辛い。

気になったのはテンポの悪さです。
二人が歴史を振り返るという形で話が進みますが、一度の話が長いです。
ただただ見ているだけという時間が多すぎます。
そして話が終わると毎度毎度二人のところに戻ります。
そこから話を進めるのでテンポが悪すぎます。

微妙な成長システム。
ラグナイトで呪術を覚えるというのはまんまマテリアですが、それを使って武器強化というのがなんとも微妙でした。
装備出来る属性レベルまで上げるのにラグナイトを使って強化するので、強化に使わずに取り合えず取っておこうということが難しいです。
特に序盤はラグナイトはそうそう手に入りません。
苦労して使ってもそこまで強化した効果を時間できず・・・というのが最後まで続きました。

固い敵。
もうとにかくボスが固いです。
ひたすら攻撃しても全然減りません。
加えて味方のAI、マニュフェストシステムが微妙。
見ていると全然敵に攻撃を加えてくれません、ガードしたりウロウロしたりでイライラします。
戦闘で唯一爽快だったのはグレネードが強力で、雑魚は集まっているところにグレネードをとりあえず投げるとどうにかなるということくらい。
フリーバトルはとにかくグレネードを投げ、切れたら操作キャラを変えてグレネード・・・というのが基本でした。
ヴァルキュリアシリーズの名残なのか、土嚢に隠れたりできますが、全く使いません・・・。
敵がいれば突っ込んでいって殴る、これが一番早いんじゃないでしょうか。

あとはストーリー。
内容自体はそこまで悪くないのではと思いますが、面白くもないというのが正直なところ。
ヴァルキュリアがなんだったのかというもの全くわかりませんでした。

と、ダメなところばかり書きましたが、それなりには楽しめました。
思考停止でひたすらフリーバトルでのグレネードはなかなかのストレス解消になります。

これまでのヴァルキュリアシリーズとは別物になっている点は気にならず、ただゲームとして微妙というのが感想です。


●評価

10点満点中 5点


スポンサーサイト

theme : ゲームレビュー
genre : ゲーム

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
google
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ