- 女神異聞録ペルソナ - レビュー




●ストーリー

ペルソナシリーズ1作目。
ある日ペルソナという不思議な力に目覚めた主人公達が、同時におかしくなった街を元に戻すため冒険する話し。


●システム等

ダンジョンは迷路のようなマップをひたすら進んでいくというもので女神転生シリーズ同様。
女神転生では魔法を使わないと見れなかった自分の周辺が常に表示されるようになり、行き止まりなどがある程度見えるため無駄足が減りました。
また、女神転生シリーズと比べ、ダンジョンは仕掛けが少なくなり簡単になりました。
しかし、その反面異様に長くなり、セーブポイントもないため数時間ダンジョン内を歩くこともしばしば・・・。

戦闘では出てくる悪魔と交渉し、うまくいけば仲魔になるのではなくスペルカードというアイテムが入手できるようになりました。
これは悪魔ごとに種類が違い、カードをベルベットルームという施設で合体させることで新たなペルソナを得ることができるようになるというもの。
ペルソナとは主人公達についている悪魔で、ついている種類によって使える魔法が変わったり、パラメータが上がったりと色々得点があります。
ペルソナの持つ魔法を使用できるわけですが、これがどの魔法を使っても消費SPが変わらないので大変ありがたかったです。
ぺルソナは戦闘で使うことで成長し、レベル8まで上げることが出来ます。
レベル8まで上がったペルソナはベルベットルームにて消去するとアイテムに変わり、武器等が手に入ります。

今作では街では装備品は防具と銃しか買えないため、剣などの武器は敵が落すかペルソナを消して入手するかしないようで、辛かったです。

成長システムはレベル制。
レベルが上がるごとにパラメータにポイントを3ポイント振り分けることができ、キャラクターを強化することが可能。


●感想

システムは真・女神転生シリーズとほぼ同じですぐ馴染めました。
ペルソナの強化でやや戸惑いましたが、すぐ慣れて戦闘では苦戦することが少なかったです。
相変わらず即死を使ってくる悪魔がいてヒヤヒヤしますし全滅もしましたが、それは女神転生シリーズからのことなので慣れてきました。

今作はダンジョンが本当に長く、エンカウント率も高く感じるため、途中重要そうなアイテムを拾ってもセーブポイントまで戻るのをためらいます。
最後まで進みきってしまい、ボスを倒してからの方がダンジョンクリアとしては早い・・・と思うわけです。
1時間しか時間を取れないときはダンジョンへ入ってもクリアできないと思うので、時間がとれる日にプレイしないと進めません。
自分の感じたシビアな部分はそのあたりです。

雪の女王編ではダンジョン数が少ないものの、やはりダンジョンは大変でした。
独特な雰囲気があって面白かったです、2にも期待です。


●評価

10点満点中 7点


スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ