- ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウィング - レビュー




●ストーリー

FF12の続編・・・とは行ってもストーリー設定は後付でチグハグな感じがしました。
自分としてはFF12ではオキューリアのその後が描かれていなかったため、その辺りを補足してほしかったです。
結末もあっけないもので、急展開というかイマイチ敵キャラクターの思惑等を理解しきれないまま終わってしまいました。
内容としても個人的には賛同しがたいもので、中身がないのに主張だけは立派に聞こえる、そんな印象を受けました。
ストーリーに関しては個人個人で受け取り方が変わると思いますし、話に触れる時期によっても感じ方が変わってくると思うのであまり参考にはならないかと思いますが・・・。


●システム等

戦闘システムは、固有キャラをリーダーとして召喚獣で構成される一団を率いて戦うというもの。
タッチペンで一団を選択し、敵をタッチするとそこまでトコトコと移動して自動で戦闘がはじまります。
戦闘での行動はそれぞれのキャラクターに設定されている基本行動と、自分で技を設定しておくガンビット、リアルタイムで選択の3種類。
ガンビットは技を一つ指定するというもので、かなり不便です。
自分で技を指定するにしても、戦闘が始まればポーズをかけることができず、乱戦状態になればタッチペンで狙った一人を正確にタッチすることはほぼ不可能となります。
各リーダーは画面上部にパネルがあるためそこから操作できますが、引き連れている召喚獣の操作はできないものとして諦めた方がよいかと。
MPはなく、何度も使えるものの一度使えば一定時間使えないので回復などは困ります。
また、キャラクターのタイプには間接、空中、近接とあり、それぞれがジャンケンのような三竦みの関係がありますが、ゴリ押しで勝てるため全く気にする必要がありません。

キャラクターの成長システムはライセンスボードではなくレベル制に変更されました。
その他、合成システムで装備品を得ることができますが、ほとんどが店売りか宝箱から得られるため最後まで使うことはありませんでした。


●感想

グラフィック、音楽等の演出についてはこれといった問題は感じませんでした。
CGムービーですが、流石にPS2ほどの高画質とはいかず、少々劣化も見えるので過剰な期待はしないほうがいいと思います。

レベルを上げるだけで戦闘には勝てるので難易度は相当低いです。
キャラクターもデザインが一新され、DSの年齢層を考えたつくりになっているのではないでしょうか。
戦闘もサクサク進めて思いがけず息抜きになり、それなりに面白い一本ではありました。
結局はFF12の二次創作物だと思ってやるべきですかね。
ファンならば・・・といったところです。


●評価

10点満点中 4点

スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
プロフィール

ホ

Author:ホ
すぐ飽き、すぐ買うという繰り返しで未クリア本数がクリア本数を上回ってしまいました。
時間を割いてゲームをする年齢でもないし、もう一生プレイしないのではないだろうかというソフトの数々・・・。
そんな状況を打開するため、記録を取るという手段で自分に発破をかけております。

そうこうしているうちに10年が経ちました。
就職、結婚して子供も誕生、父親ゲームプレイヤーとなってしまいました。
さらにゲームに時間が割けなくなりましたが、今後もコツコツと続けて参ります。

最近のプレイ日記はカテゴリから、過去のプレイ日記は案内のそれぞれ一覧よりご覧下さい。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
google
ランキング
以下ランキング参加中。

にほんブログ村 ゲームブログへ
くる天 人気ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
欲しい物リスト
アマゾンピックアップ
RSSフィード
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ